ヘルプ一覧 > ブログはじめてガイド > トラックバックって何?

関連記事に対するリンクを受け付ける機能です。

トラックバック説明図1

「誰か他の人の作成したブログ記事からリンクしてもらうための機能です。

トラックバック機能を利用して異なるブログサイトの記事同士を相互にリンクさせることができます。

自分の記事から相手の記事へのリンクは、記事内でリンク設定します。

 

<トラックバックの流れ>

(事前に自分の記事から相手の記事にリンクしているものとします。このリンクは以下の動作には関係有りませんが、相手が相互リンク無しでトラックバックを受け入れてくれる保障は有りません。)

 

1.自分のブログに、他の誰かのブログ記事に関連した記事を投稿するとき、相手の記事のトラックバックURLを付加して記事を投稿します。

2.すると、相手のブログ記事にトラックバックを送信ます。

3.相手のブログサイトではトラックバック要請があったことをそのブログの管理者にメールで通知されます。

4.相手は、こちらの記事を確認し、内容が良ければこれを許可する操作をします。これで相手の記事から自分の記事へとリンクが完了します。

(自動的に許可をする設定もあります。)

 

これで、相手に自分のブログの存在を知らせると同時に相手の該当の記事から自分の記事にリンクをしてもうことが出来るという次第です。

※トラックバックは相手の記事からリンクしてもらうための機能です。

 

なお、トラックバックを送信する時には、マナーとして自分のブログ記事に相手の記事ページへのリンクをしておきます。(一般的に相互リンクを原則とする方が多いようです。)

ブログの記事が相互リンクするとどうなる?

トラックバック説明図2

お互いに記事同士をリンクし合うといずれかのブログサイトに訪れた人に、両方のブログサイトの記事を読んでもうことが可能となります。

 

お互いのブログサイトにより多くの読者を集めるという利点があります。

 

また、ユーザーにとっても関連した事柄を幅広く情報収集できるといったメリットも有ります。

 

ブログオーナーにとっても良いサイト作りの参考にもなります。

トラックバックによる弊害

トラックバック説明図3

トラックバックを自動で全て受け入れてしまうと、自分のブログ記事が不適切なブログに対してリンクしてしまい、困ることがあります。

誰しも、悪質な広告のブログサイトにはリンクはしたくないものです。

 

そこで、トラックバック機能では、あらかじめ設定により、トラックバックが送信されてきたときにどのように振舞うのかを決めておくことができます。

 

例えば、トラックバックをブログオーナーの承認後にブログに反映させるようにしたり、悪質なトラックバック(スパム)を指定してトラックバック受け入れを 永久的に禁止したりというような管理機能が設けられています。


このページの先頭に戻る