ヘルプ一覧 > 利用規約

「かみしほろん.com」ご利用規約

 (目的)

第1条 「かみしほろん.com」利用規約(以下「利用規約」という)は、ポータルサイトを通じて提供するサービスについて、すべての方の利用条件を定めるものとします。ただし、会員サービスについては会員登録を行った方に限定します。

 

(定義)

第2条 利用規約中で使用する用語を以下各号のとおり定義します。

(1) 「管理者」 北海道上士幌町役場

(2) 「本サイト」 ポータルサイト「かみしほろん.com」

(http://www.kamishihoron.com/)

(3) 「利用者」 管理者が提供するサービスを利用するすべての方(非会員を含む)

(4) 「会員登録」 会員登録希望者が利用規約に同意し、利用規約及び管理者が定める方法により、会員サービスの提供を申し込むこと

(5) 「会員」 会員サービスの提供を希望し、利用規約に同意の上、会員登録した方

(6) 「登録情報」 会員登録により会員が管理者に提供した一切の情報

(7) 「個人情報」 登録情報のうち、電子メールアドレス等、特定の個人を識別できる情報

(8) 「認証情報」 登録情報のうち管理者が会員からの本サイトへの接続を認証するために必要なIDやパスワードを含む情報

(9) 「会員サービス」 会員に提供する第9条に定めるサービス

(10) 「退会」 利用規約及び管理者が定める方法により、会員登録を抹消し、会員サービスの提供を終了すること

 

(サービスの概要)

第3条 管理者は、利用者に対して、本サイトを通じて、次の各号の条件の定めに基づいてサービスを提供します。なお、会員サービスについては別途第9条の定めによります。

(1) 利用者は、本サイトを通じて提供する情報収集・閲覧、ブログ等のサービスを利用出来ます。

(2) 管理者は、必要に応じてサービスを追加・変更できるものとし、利用者は、それをあらかじめ承諾した上で本サービスを利用してください。

 

(会員登録)

第4条 会員登録希望者は、利用規約のすべてに同意した上で、利用規約及び管理者が定める方法により会員登録申請してください。

2 管理者は、前項の会員登録申請があった場合、利用規約に基づいて会員登録を行われたものとして承認します。なお、管理者は、正当な理由がある場合、当該登録を取り消す場合があります。

3 管理者が会員登録希望者の会員登録申請を承認した場合、管理者と会員登録希望者との間で、利用規約を契約内容とする会員サービス利用契約が締結されたものとします。

4 会員は、管理者が入会を承認した時点で、第9条に定める会員サービスの提供を受けることに同意したものとみなします。

5 会員は、会員サービスの提供を受ける権利について、譲渡、貸与、名義変更、担保供与し、その他の第三者の利用に供する行為を禁止します。

 

(登録情報の変更と認証情報の管理)

第5条 会員は、自己の責任によって、認証情報の管理を行うものとし、認証情報を第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入、公開等をすることはできません。

2 認証情報の管理不十分による情報の漏洩、使用上の過誤、第三者の使用、不正アクセス等による損害の責任は会員が負うものとし、管理者は一切責任を負わないものとします。
 万一、認証情報が不正に利用されたことにより管理者に損害が生じた場合、 当該損害を賠償していただく場合があります。

3 会員は、登録情報に変更が生じた場合、認証情報を第三者に知られた場合、認証情報が第三者に使用されている疑いのある場合には、直ちに管理者にその旨連絡するとともに、管理者の指示がある場合にはこれに従うものとします。

4 会員が前項の連絡をしなかったことにより、会員サービスを利用できない等の不利益を被った場合も管理者は一切の責任を負わないものとします。

5 会員が第3項の連絡をしなかった場合、管理者は当該会員が退会したとみなすことができるものとします。

 

(登録情報・個人情報)

第6条 管理者は、登録情報を、以下各号の目的で利用します。

(1) 本サービスの運営

(2) 管理者が会員にとって有益だと判断するサービスの提供

(3) 本サービスの品質管理のためのアンケート調査及び分析

(4) 会員に対して、本サービス運営に著しく影響を及ぼす事柄に関する連絡

(5) 会員から個人情報の取扱いに関する同意を求めるための連絡

2 管理者は、登録情報について、以下各号の場合を除き、本人以外の第三者に開示しないものとします。

(1) 個人情報の開示や利用について会員の同意がある場合

(2) 裁判所、検察庁、警察またはこれらに準じた権限を有する公的機関から正当に開示を求められた場合

(3) 管理者、会員、その他第三者の権利、財産やサービス等を保護するために必要と認められる場合

(4) 特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成13年11月30日法律第137号)により正当に開示を求められた場合

(5) 人の生命、身体および財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合

3 管理者は、個人情報について、管理者のプライバシーポリシーに基づき、取り扱うものとします。

4 会員は、管理者が登録情報を本条に定めるとおりに利用することについて、あらかじめ同意するものとし、異議を述べないものとします。

5 会員は、本サービスに登録した個人情報について、開示、削除、訂正または利用停止の請求ができるものとし、御本人からの請求であることが確認できる場合に限り、管理者はこれに速やかに対応するものとします。

6 管理者の本サービスにおける、問い合せ窓口は以下のとおりです。

「かみしほろん.com」担当

  上士幌町企画課情報交流担当

 

(cookie及びIPアドレス情報)

第7条 会員は、自己の責任によって、認証情報の管理を行うものとし、認証情報を第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入、公開等をすることはできません。

2 管理者は、以下各号の目的を達成するため、cookie及びIPアドレスを利用し、会員は、これを承諾するものとします。

(1) 会員が登録情報の一部を入力することにより、全部を入力する手間を省くため

(2) 会員動向を分析し、より良いサービスを企画、提供するため

3 会員は、会員のパーソナルコンピュータに於けるブラウザの設定で、cookieの受理を承諾するものとします。 ブラウザの設定によりcookieの受け渡しが拒否される場合、管理者は会員の情報を正しく認識できない可能性があり、その結果により生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

 

(退会)

第8条 会員は、管理者が定める方法により、いつでも会員サービスの利用を終了することができるものとします。

2 退会に伴い、会員としての一切の権利を失うものとします。 但し、会員サービスのシステムの都合上、会員による退会手続きが完了してから、その手続きがシステム上反映されるまで所定の時間が必要な場合があり、会員はこれを承諾するものとします。

3 管理者は、会員が以下のいずれかの事由に該当する場合、又はそのおそれがあると管理者が判断した場合、会員へ事前に通告・催告することなく、かつ、会員の承諾を得ずに管理者の裁量によりただちに当該会員を退会させることができるものとします。

(1) 利用規約に違反した場合

(2) 登録情報に虚偽、過誤がある場合

(3) 登録された電子メールアドレスが機能していないと判断される場合

(4) 第三者になりすまして会員登録を行った場合

(5) 第11条に定める禁止事項を行った場合

(6) 会員が死亡した場合

(7) その他、管理者が会員として不適切と判断した場合

4 前項の場合において、管理者が何らかの損害を被った場合、会員は管理者に対して損害の賠償をしなければならないものとします。

5 管理者は、会員に対して、第3項の退会の理由を開示する義務を負わないものとします。

6 本条に定める退会により、会員と管理者の間で締結された契約が解約されるものとし、会員は本サービスを利用する権利を全て失うものとします。

7 会員は、会員資格を失った場合、第9条に定められたすべての会員サービスを受ける権利を喪失するものとします。

 

(会員サービスの内容)

第9条 管理者は、会員サービスに関連する情報、管理者からのお知らせ等を、 会員に種別を設けて、それぞれの会員に異なる形態で、随時提供します。

2 管理者は、提供するサービスの形態として、携帯電話を含む情報通信機器等を通じて閲覧可能なウェブサイト、電子メール、郵便等によるダイレクトメールその他の手段を通じて随時提供することができるものとします。

3 管理者は、会員に対しサーバー障害やサービス更新等が発生した場合の情報を電子メール及びウェブサイトを使ってお知らせします。

4 会員は、本条に定める会員サービスを無償で受けられるものとします。但し、会員サービスを受ける際に発生する携帯電話を含む情報通信機器等によるメール受信やウェブサイト閲覧その他に必要な通信費用の一切は会員が負担するものとします。

5 管理者は、管理者が企画するキャンペーン(以下「キャンペーン」といいます)を、会員サービス内で展開することができるものとします。

6 管理者は、管理者が企画するアンケート等を、会員サービス内で展開することができるものとします。

7 管理者は、会員に対して、会員専用ページの会員サービスを提供することができるものとします。

8 管理者は、会員に対して、本条に定める会員サービス以外のサービスを随時追加して実施することができるものとします。

9 管理者は、理由のいかんを問わず、会員に事前の通知・催告をすることなく、会員サービスに関して、内容の一部又は全部の変更、提供頻度の変更、休止、廃止をすることができるものとする。ただし、サービスのすべてを廃止する場合には、管理者が適当と判断する方法で、事前に会員にその旨を通知もしくは本サイト又は会員専用ページ上で告知するものとします。

 

(知的財産権等)

第10条 本サービスを構成する文章、画像、プログラムその他のデータ等についての一切の権利(所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は、会員自身が作成したものを除き、管理者又は当該権利を有する第三者に帰属しています。

2 会員は、会員自身が作成した著作物を本サービスを通じて掲載した場合、管理者が宣伝告知等に利用することを許諾するものとします。

3 会員は、自己の著作物に関して、第三者の権利侵害等の問題が発生した場合、自己の費用と責任において係る問題を解決するとともに、管理者に迷惑又は損害を与えないものとします。

 

(禁止事項)

第11条 利用者は、本サービスの利用に当たって、以下各号の行為又はそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。

(1) 管理者又は第三者の所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等の正当な権利を侵害する行為

(2) 他の会員又は管理者もしくは第三者に不利益、損害を与える行為

(3) 公序良俗に反する行為

(4) 法令等に違反する行為

(5) サービスに関連して営利を目的とする行為

(6) サービスに関連した商取引

(7) サービスの運営を妨害する行為

(8) サービスの信用を失墜、き損させる行為

(9) 虚偽の情報を登録する行為

(10) 自分以外の人物を名乗ったり、代表権等がないにもかかわらず組織を名乗ったりまたは他の人物や組織と提携協力関係にあると偽ったりする行為

(11) 会員登録希望者又は会員の登録情報、認証情報等を収集したり、利用する行為

(12) キャンペーン及びアンケート情報を意図的に侵害する行為

(13) その他、管理者が不適切と判断する行為

2 前項の場合において、管理者が何らかの損害を被った場合、利用者は管理者に対して損害の賠償をしなければならないものとします。

 

(本サービスの停止・中止)

第12条 管理者は、以下各号の事由に起因する場合、本サービスの全部又は一部を停止することができ、当該事由に起因して会員又は第三者に損害が発生した場合、一切の責任を負わないものとします。

(1) 定期的又は緊急に本サービス提供のためのコンピューターシステムの保守・点検を行う場合

(2) 火災・停電、天災地変等の非常事態により本サービスの運営が不能となった場合

(3) 戦争、内乱、暴動、騒乱、労働争議等により、本サービスの運営が不能となった場合

(4) サービス提供のためのコンピューターシステムの不良及び第三者からの不正アクセス、コンピューターウイルスの感染等により本サービスを提供できない場合

(5) 法令等に基づく措置により本サービスが提供できない場合

(6) その他、管理者がやむを得ないと判断した場合

2 管理者は、前項により本サービスの運用を停止する場合、事前に電子メール等により会員及び第三者にその旨を通知するものとします。ただし、緊急の場合は、この限りではありません。

3 管理者は、事前に電子メール等により会員及び第三者に通知することにより、本サービスの全部又は一部を中止することができ、これにより会員又は第三者に損害が発生した場合、一切の責任を負わないものとします。

4 管理者は、事前に電子メール等により会員及び第三者に通知することなく、本サービスの内容又は名称につき変更することができるものとする。これにより会員又は第三者に損害が発生した場合、一切の責任を負わないものとします。

 

(管理者の権利)

第13条 管理者は、会員の事前の承諾を必要とせず、管理者が必要と判断した場合は、会員が投稿した記事及びコメントを削除する権利を有します。

2 管理者は、会員の事前の承諾を必要とせず、本サービスを利用して広告等を掲載する権利を有します。

3 管理者は、会員の事前の承諾を必要とせず、管理者が適切と判断する方法にて本サービスを分類又は順位をつけて掲載することができるものとします。
 また、当該分類又は順位に応じて、会員に種別を設けて、それぞれの会員に異なるサービス形態で、随時提供できる権利を有します。

4 管理者は、会員の事前の承諾を必要とせず、会員が投稿した記事及びコメントを、本サービスの宣伝・広告の目的において複製する権利、公衆送信する権利、改変する権利、編集する権利を有します。

 

(免責)

第14条 管理者は、本サービス内容により発生あるいは誘発された損害、情報の利用により得た成果、又は、その情報自体の合法性や道徳性、権利の許諾、正確さについて、一切の責任を負わないものとします。

2 管理者は、管理者が提供するサービスにおいて、利用者及び第三者間で生じたトラブル(違法又は公序良俗に反する行為の提案、名誉き損、侮辱、プライバシー侵害、脅迫、誹謗中傷、いやがらせ等)に関して、一切の責任を負わないものとします。

3 管理者は、広告情報の内容が、利用者又は第三者の権利を侵害し、又は、権利の侵害に起因して紛争が生じた場合、その侵害及び紛争に対して何らの責任も負わないものとします。

4 管理者は、サービス提供のためのコンピューターシステムの障害等による電子メールの遅配、未配、本サイト又は会員専用ページ上の誤表示及びそれ以外のいかなる原因に基づき生じた損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。

5 管理者は、利用者が使用するコンピューター、回線、ソフトウェア等の環境等に基づき生じた損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。

6 管理者は、本サービスの停止、中止、内容の変更によって受ける損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。

7 管理者は、本サービス及び広告主を含む第三者のウェブサイトからのダウンロードやコンピューターウイルス感染等により発生した、コンピューター、回線、ソフトウェア等の損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。

8 管理者は、本サービスに関し、遅滞、変更、停止、中止、廃止及び本サービスを通じて提供される情報等の消失、その他本サービスに関連して発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。

 

(規約改正)

第15条 管理者は、随時利用規約を改正することができるものとします。

2 管理者は、利用規約を改正しようとする場合、電子メール又は本サービスに関するウェブサイト等を使い随時、会員に告知するものとします。

3 前項に基づき、利用規約の改正を告知した日から管理者が定める期間(定めがない場合は告知の日から1週間)以内に会員が退会しない場合、当該会員は利用規約の改正に同意したものとみなされ、当該会員と管理者との間で改正後の利用規約の効力が発生するものとします。

4 会員は、前項に定める効力発生の時点以降、当該内容の不知又は不承諾を申し立てることはできないものとします。

 

(協議・管轄裁判所)

第16条 管理者は、本サービスに関連して会員、管理者、第三者との間で疑義、問題が生じた場合、その都度誠意をもって協議し、解決を図るものとします。

2 前項の協議によっても疑義、問題が解決しない場合、 釧路地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

(準拠法)

第17条 当規約は日本国法律に準じます。

 

附則

この利用規約は、平成20年11月28日から施行する。


このページの先頭に戻る